みんなのひきこもり
突然の「みんなのひきこもり時代」到来?
注目の連載 待望の第2話
北山Webinar-2
previous arrow
next arrow
Slider

―― 三つの輪が重なって ――

sustainable publishing

木立のフォーラム

木立のブックス

木立のダイアローグ

New Events

〈身になる〉禅のことば
  • 柔軟心 その壱柔軟心 その壱
    身になる禅のことば 第1回 柔軟心(にゅうなんしん) その壱 藤田一照  私が禅に関して最も多くを学んでいるのは道元〔1200-1253年〕からです。その若き道元が「正法」を求めて渡った宋代の中国で運命的に出会い、この人こそ自分の「正師」だと確信したのは天童如浄〔1163-1228年〕という禅匠でした。道元が如浄に参師問法した記録と目さ…
新刊案内
  • 新島襄 英文来簡集新島襄 英文来簡集
    “手紙の人”新島襄 没後130年 同志社創設一世紀半―-時代と社会が映し出された文箱 愛と友情のことば Dear J. H. Neesima … およそ500通のLettersを翻刻 …
みんなのひきこもり
  • 突然の「みんなのひきこもり時代」到来?突然の「みんなのひきこもり時代」到来?
    世界的な英語辞典にも収められた ‘Hikikomori’ 九州大学病院精神科神経科の加藤隆弘先生は国際共同研究をつうじて “ひきこもり”の病態解明と新しい治療法開発をすすめています。 その専門家が「生物/心理/社会」諸面から踏み込んで 2019年9月26日にオンライン連載をスタートした《みんなのひきこもり》では 人にとっての“個”という課題について、みんなで考えましょう。 ――コロナ社会…
木立のカフェ
  • まちかど学問のすゝめ 其の五-Bまちかど学問のすゝめ 其の五-B
    《木立のカフェ》はヴァーチャルでリアルな喫茶店。マスターの村井俊哉さんが京都市内の喫茶店をぶらっと訪れて、お客さまと「こころとからだ」「文化・社会」について語り合います。 暗がりでの捜し物 ● 村井俊哉:1966年生まれ、京都大学医学研究科精神医学教室教授 ● 齋藤清二:1951年生まれ、立命館大学総合心理学部教授
いまここ日記
  • 想定外の予定調和(2)想定外の予定調和(2)
    [藤中隆久]  カウンセリングには“医療”的な方向を向いているカウンセリングと“教育”的な方向を向いているカウンセリングがある。  “医療的”とは「再現可能性」を志向するもので、毎回おなじ結果に到達することができる方法論の確立を目指す。この場合の目指すべき結果はおおむね自明であり、例えば不登校ならば、クライエントが「学校に行く」というような結果だ。 …
リレーエッセイ「こころとからだの交差点」
  • 第七話 心身医学における諸問題第七話 心身医学における諸問題
    [岡田暁宜]  第七話ということで、徐々にリレーらしくなってきたように思う。  第六話で磯野先生は、敬称を「先生」から「さん」へと変えておられる。私は、以前に経験した力動的集団精神療法のことを思い出した。私が参加した力動的集団精神療法には、老若男女のほかに他職種のメンバーが参加し、そのなかでは、互いに「さん」で呼び合っていた。本リレーエッセイにおい…
森のたより 樹のことば
さまざまな木立の中に宿る 凛とした生命力と調和のうつくしさを